Sale Modal

クイックガイド:お使いのエアコンを簡単に制御する3つの方法

8月 20, 2018

Ambi Climate

8月 20, 2018

Ambi Climate

かつてエアコンを操作する唯一の方法は、古き良きリモコンを使うことだけでした。それも昔の話です。現在では温度の操作、自動化、パーソナライズが可能な無数のデバイスが販売されています。まるでエアコンを管理し、エネルギーを節約し、快適さを保つ理想的な方法を模索しているようです。

どのコントローラーを選ぶかを検討する際に重要な点の一つは、快適さです。誰もが自宅で快適に過ごしたいと思っており、エアコンによりそれを実現するようとしているはずです。快適さの要因は温度であると多くの人が考えていますが、実際にはいくつかの要因が関連していることが明らかになってきています。湿度、日差し、時間帯などの要因は、私たちが感じる快適さに大きな影響を与えます。午後7時には快適に感じる要因も、午前6時には違って感じられるでしょう。

この差を解消するために、現在のコントローラーは、温度、送風の速度やモードしか設定できず、スマート機能を持たない従来のエアコンコントローラーではできないことを実現しようとしています。これらのコントローラーは、IRブラスターのようなユニバーサルリモコンからスマートエアコンコントローラーへ、そして最終的に人工知能を搭載したエアコンコントローラーへと進化してきました。さまざまな機能や幅広い価格帯のものがあるため、適切なものを選ぶのは骨の折れる作業です。私たちがご提供するエアコンコントローラーは、必要なものすべてを備えています!

ユニバーサルリモコン

Blog_ACControllers_JP_Graphic1

メリット:

複数のデバイスをコントロール可能

自宅にあるIR (赤外線) リモートコントロールが備わっているものすべてを操作できます。テレビ、ハイファイ、ファン、ブラインド、そしてもちろんエアコンまで。制限もなく、すべての機能は通常シンプルなアプリに集約されています。

自分用の設定を作成できる

ユニバーサルリモコンには通常、複数のデバイスのワンタッチでアクティベートするためのシーン/マクロのオプションが含まれています。 たとえば、「目を覚ます」とブラインドが開き、 エアコンがオンになり、ラジオがお気に入りのチャンネルに切り替わるといったものなどです。

手頃な価格帯

ユニバーサルリモコンは多くの種類があり、通常スマートエアコンコントローラーや人工知能搭載のエアコンコントローラーよりも低価格で購入することができます。

デメリット:

テクノロジーに詳しい必要がある

それぞれのデバイスやシーンについて個別にコードやプログラムを検索し、使い方に合わせて最適化していく必要があるかもしれません。あなたがDIYの技術好きでなければ、この方法はお勧めしません。設定に非常に手間がかかります。

あまりスマートではない

一部のユニバーサルリモコンは、スマートホーム (Google Home、Alexaなど) との連携できる場合がありますが、多くのリモコンでは自動化の方法は限られています。

エアコン専用ではない

これらのリモコンはエアコン専用に作られたものではありません。エアコンの操作は機能の一つであり、環境を適切に分析し調整するための独自のセンサー (温度、湿度など) は通常搭載されていません。さらに、アプリケーションの設計がエアコン向けでなく、一部の人にとって重要あるエアコンの使用状況を知ることができません。

こんな人にお勧め:テクノロジーに精通しており、スマートホームシステム全体を緻密に設計しようとする人で、それに時間とお金を投資する意思がある人にお勧めです。

スマートエアコンコントローラー

Blog_ACControllers_JP_Graphic2

メリット:

エアコン用に作られている

アプリケーション、UX、運転状況の分析などすべてがエアコンを制御するために作られており、使用方法から多くのことを学習します。

スマートホームの機能

これらのスマートエアコンコントローラー/サーモスタットの多く (例えばTadoまたはSensibo) は、様々な連携機能によりあなたの体験やホームオートメーションを向上させるだけでなく、温度や湿度を測るセンサーを備えています。

電力を削減できる

使用方法のパターンやどれくらいの頻度、期間でエアコンを作動させているかによりますが、いくらかの電力を削減できる可能性があるのは間違いありません!

デメリット:

価格帯が高い

ユニバーサルリモコンに比べてスマートコントローラーやサーモスタットはより高額である場合が多く、より真剣に「投資」として考える必要があります。

エアコンにしか使えない

複数の種類のデバイスを操作したいのであれば、他の方法を検討した方がいいかもしれません。

基本的なリモコン管理

スマートホームとの連携機能などを備えているにもかかわらず、このタイプのコントローラーは、本質的にはより多くのインサイト分析と操作を可能にするアプリケーション制御のエアコン用リモコンです。お使いのエアコンを自動的に調整したり、人工知能技術を利用して環境を最適化したりすることはありません。

こんな人にお勧め:搭載されたスマートホーム機能でいつでも自分のエアコンを簡単に操作したいが、最新式の親しみやすい設定と使用感を好む人にお勧めです。

人工知能搭載型エアコンコントローラー

Blog_ACControllers_JP_Graphic3

メリット:

包括的にアプローチ可能

人工知能エアコンコントローラーは各種センサー (温度、湿度、日差し)、オンラインデータ (天候、時間帯) とあなた (快適さの評価) からのデータを収集、分析して、お使いのエアコンを一年通して自動的に最適化します。

あなた専用に設計

継続的にデータと評価から学習することによって、人工知能搭載型エアコンコントローラーはあなたについて学習し、あなた専用の快適度プロフィールを構築して常にあなたのニーズに合わせます。

簡単でわかりやすい

非常にシンプルな設定手順と合理化された制御のためのユーザーフレンドリーなアプリケーションの他に、あなたはエアコンの使い方、快適さの好みや習慣についての価値ある運転状況の分析結果を得ることができます。

節電に役立つ

人工知能にお使いのエアコンを最適化させることで電力を節約する可能性を高めることができます。さらに、タイマー、ジオフェンシング、スマートホーム連携などのツールを使用することで、1日の計画を立てやすくなり、冷やし過ぎ、暖め過ぎの心配を失くすことができます。

デメリット:

比較的高い価格帯

ユニバーサルリモコンに比べ、人工知能搭載型エアコンコントローラーはより高額であることが多くなります。スマートコントローラーやサーモスタットと比べるとほぼ同じか価格帯か若干安価になりますが、ブランドにより異なります。

エアコンにしか使えない

複数の種類のデバイスを操作したいのであれば、他の方法を検討した方がいいかもしれません。

こんな人にお勧め: 手間のかからない直感的なアプローチによりエアコンを操作したいと思っており、快適さと消費電力の削減を最大限に実現したいと考えている人にお勧めです。


Blog_ACControllers_JP_Chart1

スマートホームの機能とホームオートメーションはより快適な自宅環境を作るのに非常に役立ちます。ぜひこれらをご自宅に導入してみてはいかがでしょうか!コントローラーを選ぶに当たって気を付けることは?あなたの家庭に溶け込み、シームレスで快適かつスムーズな体験を作り出す最小限の労力であなたの快適さを最大限に引き出してくれるものがあったとしたらどうでしょうか?あなたの選択は最初に自身のニーズから生まれたはずです – 私たちはみな、異なる家、異なるライフスタイル、異なるエアコンへの要求を持っています。誰もが快適さと制御機能、そして可能なら電力と電気代を節約したいと望んでいることは確かです。すべてが叶えられることを私たちは願っています!

詳しく見る


関連項目

あなただけのスマートライフを

あなただけのスマートライフを

カテゴリー
Ambiの機能スマートライフよくある質問と使い方

投稿カテゴリー

スマートライフ

Leave a Reply