Sale Modal

エアコンの節電:ドライモードとインバータエアコンは使うべき?

8月 21, 2018

Ambi Climate

8月 21, 2018

Ambi Climate

何年もの間、人々は同じ空調に関する問題、すなわち快適さを保ちつつ電気料金を節約するにはどうしたらいいか、という問題に苦心してきました。多数のエアコンモデル、テクノロジー、技術の進歩、そして多くの情報が氾濫しており、混乱してしまうことでしょう。重要なことは、

エアコンは実際にどのように動いているか

ということです。よくある誤解は、エアコンがそれ自体で冷たい空気を生成という誤解です。これは事実からまったくかけ離れています!エアコンは、室内にある空気を使用し、それを蒸発器と圧縮機に通し、冷たい空気を部屋に戻しているにすぎません。

従来のエアコンとインバータエアコン、どっちがいいの?

従来のエアコンでは、コンプレッサーはオンまたはオフのどちらにも設定することができます。オンにすると最大容量で動作し、利用できるすべての電力を消費します。サーモスタットが設定温度に達するとコンプレッサーは停止し、内部ファンは温度が上昇して再びコンプレッサーがオンに戻り、部屋を冷やすまで動作を続けます。

インバータエアコンの仕組みは、車の加速器に似ています。コンプレッサーが室内温度と選択した設定に基づいて消費電力を調整します。つまり、コンプレッサーは常にオンになっていますが、常に最大容量で動作するわけではありません。したがって、インバータエアコンの電力消費は最終的により少なく済み、電気料金を節約できると言って間違いないでしょう!パナソニック、ダイキン、富士通、三菱などの多くのブランドがインバータ技術を使用したエアコンを発売しています。ぜひ調べてみてください!

インバータエアコンはより効率的であり、30〜50%の電力を節約できることが見込まれますが、所有しているエアコンの種類にかかわらず消費電力を少なくするために行うべきことはまだあります。まず、部屋に適切なサイズのエアコンが設置されていることを確認してください。そしてさらに重要なのは、お使いのエアコンの機能をしっかりと理解することです。

除湿?冷房?どのモード?

お使いのエアコンではいくつかのモードが選択できるはずです。しかし、少しでも電力を節約しつつ、快適な状態を維持するためには、どのモードを使用するべきかをどうやって判断すればいいのでしょうか?

ここではわかりやすく、冷房、除湿、送風モードに焦点を当てます。重要な点を以下にまとめました。

わかりやすくまとめてみましたがいかがでしょうか?あらためて考えてみてください

部屋の実際の状態を正確に確認するにはどうすればいいのでしょうか?感覚以外に当てになる実際のデータがあなたにはありません。

  1. 温度が高いと暑く感じるかもしれませんが、湿度が上がることでも暑さを感じることがあります。この時使うべきなのはどのモードでしょうか?
  2. 除湿モードは除湿器のように使うことはできません。つまり、湿度を下げる能力に限界があります。除湿モードを使用している間は電力を節約できるかもしれませんが、長期間使用すると、実際には逆効果になり本体にも負荷がかかってしまいます。
  3. 送風モードは推測ゲームです。温度と湿度の両方が良い状態であり快適さが実現していることをどのように確認するのでしょうか?

快適さと電力の節約を両立するには設定を組み合わせることが理想的な方法であることは明らかです。これらの微妙なニュアンスに気付くツールやセンサーはありません。

.png

w_img_ambi_rendering_1

スマートコントローラーは、さまざまなモード、タイマー、スマートホームとの連携などのすべての機能をどこからでも操作でき、専用アプリを使用することで快適性と効率性を維持しながら家の環境を最大限に管理できます。独自のセンサーやデータと組み合わせた人工知能や機械学習などのテクノロジーの恩恵により、電力消費を最小限に抑え、快適さを最大限に高めることができます。

たとえば、Ambi Climateのようなデバイスであれば、毎月のエネルギー使用量を最大30%節約できます

詳しく見る


BlogPost_FacebookBanner_JP


関連項目

あなただけのスマートライフを

あなただけのスマートライフを

カテゴリー
Ambiの機能スマートライフよくある質問と使い方

投稿カテゴリー

スマートライフ

Leave a Reply