Sale Modal

冬場のエアコン使用に関するいろは

5月 15, 2019

Ambi Climate

5月 15, 2019

Ambi Climate

年末年始は1年の中で最も素晴らしい時期かもしれませんが、電気代に目をやってしまうと良いムードも壊れてしまうかもしれません。しかしお財布に優しくしながらどうやって暖を取れるのでしょうか?驚くことに、答えはあなたのエアコンです!

エアコンを冬場の暖房として使う

エアコンは大抵ヒーティングシステムとしては注目されませんが、エアコンは冷やすだけではなく温めることもできるのです。エアコンとは基本的に、天候に関係なく室内の温度を一定にするためにデザインされているのです。. 暖房モードと冷房モードを切り替えることで、 季節の変化に対応して一定のコンディションを1年を通して保つことができます。

熱暖房専用機器は温めることしかしなのに対して、エアコンは万能です。 温めるのにも冷やすのにも、エアコンは最も効率的な環境管理の方法なのです。. たとえ冷やす機能が無かったとしても、かなり効率の良い熱供給のデバイスと言えます。電気ヒーターと比べると、 エアコンは消費電力が少なく、あなたの電気代と二酸化炭素の排出を抑えてくれます。

電気ヒーターは1kwの電気に対して1kwの熱を出しますが、ガスヒーターはもっと少ないです。典型的に、エアコンは1kwの電気で3kwの熱を生み出します。ACの暖房モードは外気より暖房を作り出します。したがって外が寒いほど余計に働かなければならす、その効率性はは外気の冷たさに依存しますが、エアコンは現状最も効率的なヒーターなのです。.でもあなた、ガスの方が安いんじゃないの?と聞くかもしれません。それは本当のことです。電気はガスと比べると高くつくこともあります。しかし考えてみると、 ガスヒーターは初期投資が高く、エアコンのように夏場には冷房するということはできません。.

冬場のベストのエアコンの設定温度とは?

暖かく心地よい家に帰ってくるのは良いものですが、私たちのほとんどは暖房を設定すべき最善の温度を知りません。快適さとはとても主観的で、ベストなのは家にいる全員が快適と感じるものに合わせることです。しかし、これもいくつかの要素 に依存します。

米国暖房冷凍空調学会 (ASHRAE) によるいくつもの精神学的実験は、私たちは22℃(72℉)が最も快適だと感じるように社会的に教え込まれているとのことです。事実、時期やきている服によって好まれる温度は20℃〜24℃と変わるのです。結果的に、快適でい続けるということは動き続けるゴールということです!

こんな見方をしてみてください:ほとんどの人が朝はシャキッとしていますが、お昼の後には少し寒かったり眠く感じたりします。1日が進むごとに私たちの体温は低下し、寝る頃になると私たちの体温はさらに下がります。

最適な快適のために、以下の設定を試してみてください!

日中の最適設定 − 20℃から22℃

常に高い温度にしていては電気代が膨れ上がってしまいます。気温が落ちた時、私たは早く暖まって経費の現実から目をそむけようとします。しかしこの温度なら寒さのエッジを取ってくれて、一日中快適でいられます。

夜と寝るときの最適温度 – 16℃から19℃

ACの設定温度を低く設定しすぎると、夜の眠りを台無しにしてしまいます。最良の眠りはこの温度の幅の中で起こると、 国立衛生研究所の調査が示しています。

外出中の最適温度 − 17℃

家に誰もいないときは、快適温度に設定しておく必要はありません。設定温度を下げることで、電気代を大きく抑えられます。

寒さの中に取り残されないで!

ご覧の通り、たくさんのお金を使わなくても 家を快適に保てることがお分かりになったかと思います。 これらの温度調節のコツが冬場のあなたの電気代を抑えることを願っています。


関連項目

あなただけのスマートライフを

あなただけのスマートライフを

カテゴリー
Ambiの機能スマートライフよくある質問と使い方

投稿カテゴリー

スマートライフ

Leave a Reply